サ高住介護

MENU
「サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)」と老人ホームは、その施設によって介護サービスが異なり、サ高住だからできないサービスなどは基本的にはないようです。 ただし、サ高住は原則として「自分自身で生活できるが、場合によっては手助けも必要である」という入居制限がある場合が多いため、入居初期には介護サービスが受けられない場合もあるようです。 ※最近は、サ高住も多様化され、入居制限がない場合もあります。 サ高住であれ、老人ホームであれ、高い介護サービスが必要であればあるほど値段が高額になる傾向にありますし、サ高住の場合は住居費用とは別に介護サービス費がかかる場合も少なくありません。 それでも、老人ホームよりも自由な空間が得られるため、サ高住は一定の裕福層には人気があり、自宅を売って資本を作り、サ高住へお引越しされる方も多いとのこと!サ高住と老人ホームのどちらがよいか検討する際には、ご自分の資産価値のチェックもしたほうがよさそうですね。

不動産の資産価値を知りたい方はこちら

詳細はこちら


不動産コラム:売却に失敗しない・高く売るコツ

不動産売却査定コラム:注意点

希望した宣伝活動や売り主への報告がない不動産屋さんや社員の時には、結んだ媒介契約の満期になる前であっても解除することも出来るのです。当てに出来ないと感じたら、早く英断することを勧めたいと思います。

不動産売却査定コラム:失敗例

相場よりも高い査定額を提示してくる不動産会社を信用してはいけません。相場よりも高い査定価格を付けたことが原因で、売却が不可能なケースも少なくはありません。相場とつりあった査定価格でないと買い手が集まらずに長きにわたって売れ残るという結果になってしまいます。

不動産売却査定コラム:高く売るコツ

内覧者に対応するときは窓を閉じたままにしないようにしましょう。窓を開けて空気の流れができて目に見えないホコリを外へ出すことができますし、家にこもっている生活臭もなくすことができます。

不動産を高く売りたい方はこちら

詳細はこちら